把握しておく

オフィスのサーバー

最近ではお洒落なデザインのサーバー機も増えており、採水地も複数から選べるなど、ウォーターサーバーは商品の選択の幅が広がっています。しかしサーバー選びで、最も重要と言っても過言ではないのが、必要なコストについての計算です。 ウォーターサーバーの導入にあたっては、月額サーバー代と水の代金と送料が必要となってきます。またこれと別に運用をするためには電気代も必要になります。これらのコストをトータルで計算した上で、価格を判断しておくとよりコスト面でも優れたウォーターサーバーを選びやすくなります。 電気代に関しては、最近の機種は省エネ運転を必要が無いときには自動で行うようになっているので、月額電気代は1000円程度で済み、水の代金を重視して計算するのが重要です。

水は常に生活と生命活動のために欠かすことができず、そのため安全な飲水の確保は死活問題に繋がります。初めてウォーターサーバーが誕生したのは1910年代のアメリカ南西部ですが、この時も水が死活問題となっていました。 当時は今のように水道設備が発達しておらず、水を遠方から運んでくる必要がありました。その中で乾燥が激しい気候のアメリカ南西部の人たちは、水を備蓄していつでも飲むための道具として、ウォーターサーバーを開発します。 最初のウォーターサーバーは、サイフォンに水を溜めておくだけの簡易な作りでした。しかし時代が進むと機能面でもウォーターサーバーは進化をしていきます。現代ではお湯と冷水の管理が24時間自動で行われるなど、著しく進化を遂げています。