注目の水

川を流れる水

銀白色の金属である、バナジウムは鉱石として産出している国は世界で数か国しかありません。日本でも鉱石としては産出されていませんが、一部の活火山層から湧き水として湧出しており、この湧き水をボトリングして販売されているのが、バナジウム天然水です。 その歴史は多くの場合は、火山活動などによる地層形成が影響しており、花崗岩や玄武岩層などが積み重なって、これに水脈や気候などの条件が合致した場合に、バナジウムの天然水が湧くようになります。このため世界でも湧出する場所が限られており、日本でも湧出する場所はほとんどない貴重な水となります。 ウォーターサーバーの流行と、2000年以降の健康食品ブームによってバナジウム天然水は現在はウォーターサーバーで用いられる宅配水としても、広く利用されています。

湧出する国が限られており、かつその血糖値引き下げ効果や、ブドウとの吸収を抑える効果などから、糖尿病対策やダイエット効果が強く期待されているバナジウム天然水は、現在の健康食品ブームと相まって、多くの人が愛飲している天然水となっています。 市販のペットボトルや缶商品も、大手の飲料水メーカーから中小のメーカー、健康食品メーカーなどがバナジウム天然水を販売しており、自販機やスーパーなどでも手軽に買えるようになっています。 現在はこれに加えてウォーターサーバーでの利用も増加しています。ウォーターサーバーの取り扱い業者が販売する宅配水にも、バナジウムの天然水が見られ、利用者が多くいます。ウォーターサーバーそのものが普及しつつある現在、その中でも注目度が高いバナジウム天然水はさらにウォーターサーバーと共に需要を伸ばすと見られています。